成人病の予防には有酸素運動とアリナミンが効果的

高血圧や糖尿病、がんなどの成人病を予防するのに、有酸素運動が効果的です。有酸素運動とはウォーキングなど酸素をゆっくりと取り入れながら、継続的に行う運動のことでです。ウォーキングを1日45分行うと、血中の総コレステロールは減少し、悪玉コレステロールを抹消の血管から除去する善玉コレステロールを増やします。激しいランニングや筋力トレーニングのような無酸素運動は血圧を上げるので、成人病には逆効果です。糖尿病はインスリンとおうホルモンが不足して起こる病気ですが、肝臓や筋肉でもインスリンへの感受性が悪いと考えられています。様々な研究が行われ、有酸素運動をすることで、インスリンの働きが良くなり血糖値が安定すると分かりました。ある実験では有酸素運動を1年間続けたところ、糖質の代謝が3倍になりました。肥満で糖尿病になった人に効果的です。また武田製薬が販売するアリナミンという薬も、成人病の予防や改善に役立ちます。植物中のビタミンB1に関して、ビタミンB1分解酵素を持つワラビやゼンマイなどからビタミンB1が出ないことは当然です。しかし分解酵素を持たないネギ類からもビタミンB1は検出されません。ニンニクなどに含まれるエキスとビタミンB1は、結合するとアリチアミンという別の物質になります。アリチアミンはビタミンB1を安定させて使いやすくさせるので、ニンニク成分を利用したアリナミンが開発されました。現在のアリナミンにはフルスルチアミンという物質が配合され、人工的にニンニク成分を摂取しています。ビタミンB1には糖質の分解をサポートしたり、脳の中枢神経や末梢神経を正常に機能させて精神を安定させる効果があり、疲れにくい体を作ります。

ページの先頭へ戻る