健康診断の検査項目を選んで自己管理し対策する成人病

健康管理を個人が行っていくということは成人病予防において欠かせないことであり、定期的に健康診断や人間ドックをうけることによって自己管理を行っていくことが推奨されています。成人病においては個人の生活習慣の中に何らかの要因があって発症してしまうものが多く、突発的に発症するよりはむしろ徐々に進行していくものが多いのが特徴です。早期に発見できればより容易に治療を行えるのが成人病においては典型的であり、癌や高血圧などがそれに該当します。こういった疾患は適切な健康診断を行うことによって発見が可能であり、定期的に必要な項目の健康診断を受診することによって自己管理を行っていけば安心して生活をしていくことができるでしょう。健康診断や人間ドックで受けられる検査項目には多数あり、一般健診としてセットで受けられるようになっている項目と、がん検診などのようにオプションとして選択できる項目とがあります。血液検査や血圧測定、尿検査やレントゲン検査といったものは基本的には一般健診に含まれており、それによって多くの疾患を発見したり、その可能性を見つけたりすることが可能です。一方、がん検診などのようなオプションは誰もがいつも行う必要は必ずしもないということや、特定の疾患しか見つけられないということからオプションとなっているものが多く、自分にリスクが高いと感じている人が望んで受けるべきものとなっています。がんのように高齢になるに従って発症のリスクが高まったり、遺伝的要因があるとされたりしているものについては年齢や家族歴から判断して選択して検査を受けることにより自己管理を確実なものとしていくことができるようになります。

ページの先頭へ戻る