インプラント治療は成人病対策になる!

暴飲暴食や喫煙、睡眠不足など、問題のある生活を続けていると、40代頃から高血圧や糖尿病、高脂血症などを発症しやすくなります。
それが進行するとやがてはがんや心筋梗塞、脳卒中などの成人病になるので、そうなる前に対策するようにしてください。

脂っぽいものや甘いものなどの食事を好み、偏食気味の人は成人病を発症しやすいので注意が必要です。
しかしなかには虫歯などで歯を失ったために、ものを上手く噛むことが出来ず、柔らかくて偏った食事ばかりをしがちな人もいます。
成人病対策のため、肉、魚、野菜をバランスよく食べられるようになりたいなら、お近くの歯医者に相談するようにしてください。

成人病は普段の食事に起因していることが多いので、歯科医院で治療を受け、しっかりと咀嚼できるように噛み合わせを良くしてもらえば、予防できます。
虫歯などで歯をなくし、咀嚼に支障をきたしている場合は、インプラント治療を受けるようにしましょう。

なくした歯の数が多いと、大量のインプラントを挿入しなければならないので、金銭面や肉体面での負担が大きくなります。
今はオールオン4と呼ばれる、従来よりも金銭的な負担が少ないインプラントで上下の人工歯を支える治療法があるので、それが出来る歯医者の元に行くことをおすすめします。
この治療は経験と技術が必要なので、失敗したくない方は、実績豊富な歯科医院を選ぶようにしてください。

総入れ歯で生活していたり、事故や病気などで多数の歯を失ってしまった人が、通常のインプラント治療を行うと、完了までにかなりの時間と費用がかかります。
オールオン4なら、短期間でインプラントを挿入できますし、インプラントと歯槽骨との結合期間を待たなくてよいので、最短で手術当日から仮歯を入れて、その日の夜から食事を行うことも可能です。
保険適用外なので費用はかかりますが、1日でも早く、元の健康な歯の状態に戻して食事をしたい方にとって、これほど適した治療法はないでしょう。

総入れ歯で、自分の歯が一本もない人でも、歯肉炎や歯周病になることはあるので、オールオン4を少しでも長持ちさせたいなら、歯磨きを怠らないことが大切です。
不潔にしていると、細菌感染によるインプラント周囲炎を発症するので注意するようにしてください。

インプラントには天然歯のような防御機能がないので、天然歯よりも歯周病予防をしっかり行わなければなりません。
インプラントが細菌感染すると脱落してしまうので、歯磨きだけでケアするのではなく、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることをおすすめします。

■大阪でインプラント治療するならどこがいい?
門真でインプラント治療

ページの先頭へ戻る